HOME > 当社からのお知らせ

当社からのお知らせ

建築部からのお知らせ 鉄骨の構造を生かしたガレージのご依頼有難うございました。

白山市からのご依頼で車のガレージなのですが柱の位置を考案しないと大変止めにくくなってしまうためお問い合わせがありました。今回のように縦列駐車で2台収める場合正面からになる事が強いられる場合も少なからずあります。今回の場合は水下の柱のない事が第一希望でしたが勾配が壁側に下がると家の壁に当たる事になり水の配管もあり大工事になって方屋根はあきらめていただきました。当社の経験で今回のように中柱をある程度移動して設計し角の柱を収めないのを吊りブレスを設け絶対の強度を高めています。また負荷のかかる柱側はメッキアングルでつなぎアンカーはすべて亜鉛メッキ仕様です。
吊りブレス水平ブレスも亜鉛溝メッキです。またボルト類もFT-8のメッキ仕様です。
経年変化を抑える工夫は最善を尽くしています。さび止めもメーカーに問い合わせ5621より2グレード上げています。もちろん上塗りも2液の良必ので高級な色になっています。
屋根材は鉄骨ガレージでしか使用できないハゼ型を張りこちらも品性のある仕上がりになりました。
他にも様々な工夫をしてあります。定番の形からなるべくスマートで軽快にしかし強度は抜群と思います。当社の力作になりました。じわじわとその味わいのあるガレージを感じていただければ幸いです。
有難うございました。バインダ1.pdf バインダ3.pdf バインダ4.pdf







新たに手書きの温かみなあるチラシを作製していただきました。

色々当社も広告を出してきましたが今回温かみと親しみを出したいということで今注目のサイト(ココナラ)で作成依頼をしてみました。どのジャンルも個人の立ち上げで組織を超えた個性の方がたが勢ぞろいしています。とてもモチベイションがあっていいです。これからはますますこのような個人をいかしたサイトが人気が出る時代のような気がします。私自身は美術は得意なほうで写生大会では何度も入選した事があるのですがこのような温かみのあるイラストはかけないです。とってもかわいく温かみと親しみが現れていて期待以上の作品になりました。チラシ配りも少しは楽しくなるのかな?
下記サイト及び依頼者の画像PDFのところにマウスをあてクリックしていただくとファイルが開きます。
下記山本和志のバーナーにマウスをあてクリックお願いいたします。




朝起き会でのご縁でお声かけていただきました。

今は金沢ではまだ朝起き会が中止となりもう少しの我慢ですかね。
ある大会で同上したさいお知り合いになれた大工さん。私に色塗りのお仕事のお声をかけていただき今回リピートお声かけていただきました。大工さんとお仕事できるなんてしあわせです。小さい時よく近所で家をたている所にいって木くずをもらって工作するのが何より楽しみな がきんちょでした。また色々お話聞かせてください。宜しくお願いします。



O様ガレージ増設長いお時間おついあいいただいて有難うございました。

増設工事作業おくらせながらアップさせていただきます。当社で最後までお付き合いさせていただき有難うございました。
フェイスの移動や屋根増設と塗装や樋の取り付けなどなかなか完成の姿にたくさんのお時間いただいて有難うございます。
じわじわとハンドメイドで気持ちをかけた事が少しずつ実感してもらえたらと思っています。
これからもメンテナンスや形状のバージョンにまた長くお付き合いしてくださいね。
作業工程 O-1.pdf O-2.pdf O-3.pdf 0-4.pdf 0-5.pdf 0-6.pdf O-7.pdf O-8.pdf   O-10.pdf
作業後 A-1.pdf A-2.pdf A-3.pdf A-4.pdf
考案提出CAD図面 考案提出図面.pdf 
 

和倉M様壁塗装及びブレス軸柱補修塗装・ストレート2階階段、手摺、裏面同様ブレス、螺旋階段補修塗装完成いたしました。

真夏からはじまり朝ひんやりする日もあるそんな季節をまたがって階段部を主にアングルブレスH鋼柱と当社の考える方法をほぼやらしていただきました。鉄は下地の処理でその後の様子が激変します。
雨ざらしの部分を綺麗に保つ事は大変工夫が必要になります。けれん作業と下地さび止めを痛みにおおじてベストの物を考案させていただきました。最後に螺旋階段の作業はかなりの腐食をどう対処するか?随分苦労いたしました。塗料メーカーとの当社のお付き合いがあったため配合色は微妙な色合いをきれいに配合していただいたため大変満足の仕上がりとなりました。日々朝早くからの作業でやれたので1人で終わらせる事が出来ました。
和倉のの周辺の方々と随分やさしくしていただき忘れられない仕事をさせてもらえました。
本当に感謝しております。
バインダ1.pdf 作業前  
完成写真






和倉M様仏壇メンテナンス完了アップいたします。

和倉M様大変体調悪い中色々当社に任せていただき有難うございます。
長雨が続き建築部門の方が大変遅くなってしまい申し訳なく思っております。
とりあえず仏壇の完成アップさせていただきます。私自身もともと鉄骨階段を作成収めをしていましたので
今回はその部分の経験も生かして任せていただき沢山のあい見積もりの中ご信頼いただきかんむりょうです。作業中も周りのご近所の方々に暑いのに頑張ってくださいとお声をかけていただきまた色々プレゼントして下さるのでうれしかったです。またM様の上に住んでおらられるおバーちゃんやお隣のご老人また向かいの畑にこられる方にも大変優しくしていただきまたその方がたのデイホームの人たちの朝のお向かいの様子もみられて皆さん頑張っておられますね。このような情景でお仕事させていただける事はうれしく思います。建築部門は完成後またアップいたします。HPもあんまり間を空けるとどんどん埋もれてしまいますので今回中間報告がてらのアップになります。宜しくお願いいたします。


七尾市和倉町M様より仏壇修復及び建築物件での塗装同時ご依頼いただきました。

わざわざ遠く和倉町からご依頼いただきました。有難うございます。ご先祖から受け継がれているお仏壇管理も難しく今回ご依頼いただきましたM様は体調が思わしくない事があるようです。生前にある程度納得した事柄をしておきたいとのご希望に対して当社にお声をかけていただきました。お墓・仏壇・今住まわれている建造物に対して出来る限りのメンテナンスをご希望です。ご縁があってかここ数年で和倉でもご依頼は3件になります。また以前させて頂いた方からそう遠くない所でした。ご希望に叶えられるよう願っています。


コロナで大変な中ご依頼有難うございます。仏壇プレミアムAコースメンテナンスさせて頂きました。

もともとアスリート仲間でありましたN様からのご依頼です。大変N様はとってもアスリートとしても優秀な方で何時も大会では好成績でしたね。大会にも沢山私もチャレンジして楽しい時間をすごしましたね。数年前久しぶりにたまたま偶然大豆田の川沿いをジョギング中にお会いして懐かしかったです。昨年はだんなさんをなくされ大変でしたね。今はNさんは障害を持つ人ための仕事をさせていると聞きました。すばらしいと思います。一つ筋の通った振る舞いを取られる方でとても印象に残っています。
今回はコロナでご法事の日を変更する事になりご法事後メンテナンスの予定でしたが金沢で1ヶ月のマンボウでその間に作業させていただきました。私も今年3月から父が少し具合が悪くなりこの期間に出来るのかと思いもありましたが何とかご法事に間にまにあってほっとしています。
Nさんはお仏壇の修理前のお話で仏壇の輝き金箔を見ていると癒されるとお聞きしました。
そのため今回は内扉の金具部分の修復では本金貼りを試みました。何時もは色箔で対応するのですがNさんは金箔の色合いに感性をお持ちなのでそれで癒させるのならとの試みです。やはり本金は大変薄いので金属にはつけずらいのですが下塗りなどして対応しました。とっても深みが出てよかったです。
有難うございました。
注釈;
今回お写真のアップでは少しでも細かい部分を見ていただくためファイルが重たいです。また分離してのアップになります。そのため観覧のさいはWiFi環境でダウンロードしてみてください。すみませんが宜しくお願いいたします。


おかー様が施設に入る事になり仏壇を受け継ぎのご依頼のお仏壇をメンテナンスさせていただきました。

おかー様が施設に入るため仏壇を綺麗にして受け継ぎたいとご依頼いただいておりました。
これは私自身の感覚なので確信はないのですが今回のご依頼いただいた方のおかー様はいつもお仏壇の前にすわりいろいろお祈りされていたのでは?と感じました。仏壇の中には娘が嫁いだ時に娘さんが書いた親への感謝の文面がかかれていた物が大事にしまわれてありました。きっちりと仏具も管理されていてお修理も大変スムーズにいきました。お修理のため最初仏壇の中をみてまた仏具の痛み具合を見ていくのですが不思議とこのように修理すればいい感じになるとか頭に浮かんでその通りに作業していきました。めったにこのような事は起きないのですが今回のお仏壇はだれかがこのようにオシュウリしてほしいと耳打ちされているように物事がスムーズに出来た貴重な体験をさせてもらいました。
人の思いや祈りの力は生き物のようにお仏壇にも入るのかもしれませんね。有難うございました。




無量寿の額を当社でオーダー作成いたしました。

仏壇仏間の上段に無量寿の額の作成依頼を追加させていただきました。
どうにかお仏壇との一体化がはかれないかと考案しました。
どうしても掛け軸は仏壇とは別の物として見られてしみます。しかし今回の無量寿額は仏壇との統一せいをもたせて意味があるのではないでしょうか?
今回はメンテナンスさせて頂いたお仏壇のサイズにあわせ当社で作成図面を書き枠はあえて額縁メーカーで作成せず仏壇の木部の技術があるところで1品ものを作っていただきました。また書は岐阜の著名な方におねがいいたしました。
今回の当社のもう一つの特徴として生地に黒をぬり3回の仕上げに本金を当社で平押ししました。
金箔は下地の表情がそのまま金押しであらわになります。金箔の深みをだしながら書も生きて大変神聖な雰囲気になりました。なぜ仏壇の上にこの無量寿をかけるのかも簡単にまとめましたのでまたよかったら見てください。宜しくお願いいたします。



1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ